ドリルプレスにバイスを取り付ける方法

ステップ1 – ロータリーテーブルの検討

ステップ2 – 配置を決定する

ステップ3 – バイスを置く

ステップ4 – 安全にする

ステップ5 – テストする

ドリルプレスは木工の正確な穴を作る。バイスは、ドリルプレステーブルに取り付けられ、穴を開ける間に木材または金属を適所に保持するクランプツールです。ドリルプレスにバイスを取り付けるのは簡単なことです。必要なのはいくつかの簡単なツールと約30分です。

ドリルプレステーブルにバイスを取り付ける前に、ドリルプレステーブルを取り付けることも考えてください。これにより、バイスを必要な方向にスイベルすることができます。回転テーブルを取り付けることにより、さまざまな角度の穴を作ることができます。ロータリーテーブルでは、それにバイスをつけることもできます。実際、テーブルにはあらかじめ穴があけられています。

ロータリーテーブルを使用しない場合は、テーブル上でバイスをどこに配置するかを決定する必要があります。あなたは、最も頻繁に使用する資料と、その資料を所定の場所に保持する必要性を考えたいと思うでしょう。

今はテーブルにバイスを置く必要があります。すでに設置されている穴の上に直接配置する必要があります。バイスの穴をドリルプレステーブルのあらかじめ穴をあける穴に合わせることができます。

バイスをドリルプレスに固定するには、4〜6本のボルトを使用します。最初に各ボルトを配置し、次にテーブルの下からナットをボルトに取り付けます。それらを締めることを確かめてください。締め付けには、2つのレンチが必要です.1つは上部ボルトに、もう1つはナットで、異なる方向に駆動します。

あなたがテストするまで何かが働いているかどうかは決して分かりません。木材をつかんで穴を開けたいところに印を付けてください。バイスに木を置き、ドリルに合わせます。この時点で、バイスを締めることができます。いくつかの視力は、プレースメントのわずかな誤差に対応するために前後にスライドします。バイスを緩めて少し動かして素材を簡単に調整できます。

あなたが常にあなたのマテリアルを持っていて、ドリルプレスでマルチタスキングしようとするなら、あなたのマシンにバイスを得ることを検討したいかもしれません。付属品を取り付けてから数分後に、あなたがなぜそれをやっていないのか不思議に思うかもしれません。