プラスチック製の作業台を作る方法

ステップ1:すべて一緒に

ステップ2:アセンブリ

ステップ3:仕上げのタッチ

プラスチック製の作業台を建てることは、簡単な作業であり、わずかな材料とツールが必要です。プラスチックの作業台は軽量で、ある場所から別の場所に簡単に移動できます。彼らはまた、丈夫であり、任意の作業スペースに合うように作られています。独自のプラスチックワークテーブルを作成する方法は次のとおりです。

あなたの作業スペースが十分に大きいので、何かにぶつかることなく簡単にその中を移動することができます。これは、あなたが購入したプラスチックのサイズに応じて一度完了した大きなワークベンチを持つためです。通常、作業台は作業に十分なスペースを労働者に提供するので、長さは約6フィートです。あなたがプラスチックを選ぶために行くとき、選択はあなたのものです。あなたはプラスチック製のネジをつかみ、プラスチックを一緒に保持して頑丈なテーブルを作ってください。

テーブルの上部に頑丈なプラスチックの大きな部分をつかみ、それに亀裂がないことを確認することが望ましいでしょう;これは、ねじをねじ込むと簡単に壊れる可能性があるからです。それはいかなる損傷もないはずです。テーブルを取り出したら、それを裏返してテーブルの一番下にしたいものを表示したいでしょう。あなたがテーブルの脚のためのプラスチックロッドを買った場合は、円形の鋸を使用して必要な長さでそれらを購入することができなかった場合、あなたに適した長さにそれらをカットすることがあります。次に、ロッドのそれぞれに少量のプラスチック接着剤を塗布したいと考えています。これは、スクリューを穿孔する時間が来るまで確実に留まるようにするためです。すべての脚が所定の位置にくると、接着剤を乾燥させます。

接着剤が乾燥したら、テーブルを裏返しにして、脚をテーブルの上部からテーブルにねじ込みます。あなたが足に縛られていることを確認してください。 4本の足をしっかりと締めます。その後、テーブルが頑丈かどうか、またはそれに取り組んでいても、それが動作するのに十分安定していることを確認するために、ネジをもっと締める必要があるかどうかを確認するためにウォブルテストを実行できます。これらのステップがすべて完了すると、新しい作業テーブルの使用を開始するように設定されます。これは、組み立てるのが最も簡単なテーブルの1つです。木製のものを作りたい場合は、簡単にすることもできます。プラスチック製のテーブルは、店内にもあらかじめ用意されています。あなたが自分で家を作るのに十分な設備がないと感じる場合は、