出力軸シールの変更方法

ステップ1:ジャックカーアップ

ステップ2:トランスファーケースの流体を排出する

ステップ3:ドライブシャフトを取り外す

ステップ4:出力フランジを取り外す

ステップ5:アウトプットシャフトシールの取り外しと交換

アウトプット・シャフト・シールを変更することは、自家用車のメカニックが自宅で行うことができるプロジェクトです。ここにはいくつかのステップがあります。

車をジャックアップして、ジャッキスタンドに置きます。すべての4つの車輪は、出力軸のシールを変更するために車を水平にする必要があるため、ジャッキスタンドに設置する必要があります。

車が空気中に持ち上げられたら、トランスファーケースの流体を排出します。ドレインプラグの下にバケツを置き、ドレインプラグを取り外すために四角いビットを使用します。

ソケットセットを使用し、ドライブシャフトのボルトを緩めます。トランスファケースの出力軸から取り外します。

ドライブシャフトを取り外したら、出力フランジが表示されます。所定の位置に保持している1つのナットを取り外し、トランスファケースから取り外します。

出力軸シールは、出力軸の周りのハウジング内に配置されています。こぎ棒またはシールプラーでこれを取り外します。シャフトを傷つけないように注意してください。新しいシールを取り付け、フランジとドライブシャフトを交換します。新しいトランスファーケース液で満たし、車両を下ろします。