風力タービンブレードの交換方法

ステップ1 – 木材の選択

ステップ2 – 木片に印を付ける

ステップ3 – 木の先細り

ステップ4 – ブレードの計画

ステップ5 – ツイストを作成する

ステップ6 – 厚さを減らす

ステップ7 – エアフォイルセクションを作成する

ステップ8 – ウィング形状に滑らかにする

ステップ9 – ポイントをカットする

ステップ10 – ブレードをペイントする

ステップ11 – ブレードの取り付け

風力タービンブレードはおそらく容易に破損する可能性のある風力タービンの部品の1つである。あなたの風力タービンブレードの寿命が終わっていることがわかったら、あなた自身で交換部品を作ることを選ぶかもしれません。彼らはより耐久性があり、長く続く傾向があるので、それは木製の刃のために行くことが非常に示唆されています。下記の資料を読んで、3羽の風力タービンの交換用風車羽根を自分で作成する方法を確認してください。このプロジェクトは、直径90インチ、先端速度比5.5のタービンブレード用です。まず、このプロジェクトに必要な道具と材料を準備します。

木製の刃には、軽量の針葉樹が推奨されます。もしあなたが価格に気をつけなければ、仕事に最も適したのは輸入オレゴン松です。ちょうど良い味付けとストレートの木目を選んでください。

あなたの材料が準備ができたら、それはあなたの木をマークする時間です。長さ1150 mmの木材を3枚取り出します。ブレードの長さに沿って5つのセクションに分け、それぞれのセクションはそれぞれ230 mmです。あなたの四角形を使って、各セクションの位置をマークし、ピースの周りに線を描きます。左端の部分がブレードの根元になり、右端または5番目の部分が先端になります。

今度は先端が根よりも狭くなければならないようにブレードを先細にする時間です。したがって、右端のセクションは左端のセクションより狭くなります。先にマークした各ラインで、左から最初のセクションが145mm、次のラインが131mm、第3のラインが117mm、第4ラインが104mm、最後のラインが104mmとなるように幅とマークを測定します。先端は90mmになります。幅を記入したら、バンドソーでカットします。鋸とチゼルを使って幅をセクションごとにカットすることもできます。

平面を使用して、表面を滑らかにします。それは平らでなければならないので、平らで平らで正方形であることを確認してください。あなたの木片全体に精神的なレベルを使用して、それが平らであり、ひねりが起きていないことを確認してください。

今度は、意図的なひねりを作りましょう。あなたがブレードフラットを寝かせていたとき、最も左側のセクションが最も広く、最も右側が最も狭い幅を持っています。あなたが片側の木を先細にしたとき、あなたに最も近い側に先端があります。この側面はすべてのセクションで直線で、水平になっています。あなたが木を先細にしたもう片側を後端と呼びます。後縁があなたに最も近く、最も狭い先端が今度は左になるようにブレードを回します。今度は木の厚さに印をつけましょう。先端から5mm、10mm、17mm、35mm、50mmのドロップでこれらの測定値を下にずらして前面から各ライン上の点をマークします。ドットを結合して、後端の線を描画します。根元側では、急な角度で前面に行く線を描きます。今作った罫線に沿って木を彫り、刃にひねりを加えます。今や、あなたはねじれた顔をしたややテーパードの木を持っています。

根元から先端までの各ステーションの正確な厚さは25,20,18,15,11 mmです。この測定に続いて、前縁と後縁である反対側の線を測定し、マーキングし、描画する。正面が地面に向くようにピースを回して、ゴミを切断してください。キャリパーを使用して、各ステーションの実際の厚さをチェックします。

ブレードを彫刻する最後のステップは、後縁を羽ばたくことです。後縁の幅が1ミリメートル未満であるように、背面から木材を飛ばします。

それは翼の形を与える時間ではありません。ブレードの裏側で、​​リーディングエッジから25%戻って線を描きます。ラインを切断しないでください。スポークシェイブを使用してコーナーを取り外します。また、サンドペーパーを使用することもできます。

各ブレードについて、ルートの点にカットします。これにより、ブレードをハブに完全にフィットさせることができます。これを行うには、ルートの正確な中心をマークし、60度の角度でエッジに向かって線を引いてください。前と後ろでそれを行い、線に沿って切る。

ブレードをハブに接続する前に、光沢のある塗料のステインまたはコートを塗って木材をプライミングしてください。最終コートの前に砂。保護を強化するために樹脂を塗布するのが理想的です。乾燥させてください。

準備ができたら、ブレードをハブに接続し、ブレードをハブディスクにねじ込むための穴をドリルで開けます。