乾式壁にベースボードモールディングを取り付ける方法

ステップ1 – ドライウォールの準備

ステップ2 – モールディングの準備

ステップ3 – ベースボードモールディングの取り付け

ベースボードモールディングを乾式壁に取り付けるには、以下の簡単な手順に従います。

始める前に、クロールバーを使用して、以前に取り付けられた成形品を取り除きます。これは、成形品の後ろにカールバーを挿入し、それをこすり落とすように圧力をかけて行うことができます。仕上げ材(パリのチョークまたは石膏)を使用して、穴を埋め、表面を均一にします。いったん乾いて対処するか、または不規則な領域から出す。それが完了したら、乾式壁にペイントします。

ベースボードのモールディングをあらかじめ仕上げておくと、一度取り付けたベースボード全体を曲げてペイントする必要がなくなります。釘で残された穴は後で埋めることができます。成形品が準備されたら、先に取った測定値に従って長さを見た。マイターボックスを使用して、2つの連続したピースがある角度で完全に収まるようにエッジをカットします。

彼らの正確な配置を確かめるために、準備された成形品を乾式壁に置き、常に隠れたコーナーから始まり、外側に移動してください。次に、接着剤を使用してそれらを所定の位置に配置します。これにより、釘を打ち込むときにベースボードが動かないようにします。このプロセスを急いではならず、ベースボードを角度領域に取り付けるときには特に注意してください。ベースボードが取り付けられたら、釘で残された穴と角度での隙間を埋めるために仕上げ製品を使用します。