半径キャビネットのドアを作る方法

ステップ1 – あなたの木を選ぶ

ステップ2 – キャビネットドアの測定と切断

ステップ3 – キャビネットのドアパネルを曲げる

ステップ4 – ステインまたは仕上げ

ステップ5 – キャビネットドアを取り付ける

キャビネットのドアを交換することで、完全な改造の費用をかけずにキッチンの外観を再現することができます。 DIY半径キャビネットドアは、価格のほんの一部で新しいキッチンの外観を提供します。

このプロジェクトには、CherryやOakなどの高品質の硬材を使用してください。これらの森は、時間がたつにつれてうまく保持され、キャビネットのドアに適しています。木材がキッチンの外観を補完していることを確認し、既存の備品や硬材の床に合った汚れや仕上げを選択してください。キャビネットドアの組み立てが完了してから、それらを取り付ける前に、汚れやシーリングが発生します。

放射状のドアは、きついコーナーで完成した外観を作成するのに優れています。キャビネットにすでに放射状のドアがある場合は、既存のドアの寸法を使用して、交換に必要な木材の量を判断できます。キャビネットのドアをラジアル用に設計された新しいキャビネット固定具に取り付ける場合は、キャビネットのドアとヒンジの長さと高さに加えて重なりを測定します。水平測定のためにカーブに沿って測定し、必要と思われるよりもわずかに木材を得ることを忘れないでください。あなたの地元の木材ヤードまたはハードウェア店に測定を取り、または自宅で木材を切断するために円形の鋸やテーブルソーを使用してください。

回転ツールを使用して、パネルの端を希望の仕様に丸めます。キャビネットのドアの最終的な外観にはエッジも不可欠なので、このステップで時間を取ってください。ドアの曲率半径を測定し、仕様に合った曲げ形状を選択します。キャビネットのドアをクランプで曲げた形に取り付け、少し締めます。このプロセスは何日もかかりますが、ドアをゆっくりと締め付けて、クラックや切れがないことを確認してください。スチームツールにアクセスできる場合は、プロセスのスピードアップにも役立ちます。ドアが適切な形状になったら、ヒンジをキャビネットと接触させたい場所に合わせて、ヒンジのハードウェア用の穴を開ける。

ドアが完成したら、取り付けの前にキャビネットのドアに汚れやラッカーを塗ることができます。細かく磨かれたサンドペーパーを使用し、ワニスが乾燥した後に木材を滑らかにします。ワニスラベルで推奨される時間を待ってください。

仕上げが乾いたら、キャビネットのドアを取り付ける準備が整いました。最初にハードウェアをドア自体に取り付け、ドアをキャビネット自体に慎重に並べて、表示された位置にヒンジを取り付けます。ネジを締めすぎないように注意し、キャビネットドアに適したサイズのネジを使用してください。あなたが望むならば、ヒンジを補強するためにドリルでキャビネットのドアに木材の接着剤を使用することができますが、インストールを完了する前にこれを乾燥させてください。ドアを開いて閉じて位置合わせを確認し、新しいラジアルキャビネットのドアを賞賛するために立ちます。