コンクリート部​​品2の上にファーリングストリップを取り付ける方法

ステップ1 – 天井のレイアウト

ステップ2 – ファーリングストリップを置く

ステップ3 – 穴を開ける

ステップ4 – 塵埃を掃除する

ステップ5 – コンクリート留め具を取り付ける

ウッドファーリングストリップは取り付けが簡単で、特別な工具は必要ありません。ファーリングストリップは、仕上げられた部屋のためのサポートシステムを作るキルン乾燥木材または金属ストリップの細長い木材ストリップです。それらはコンクリートまたはブロックに取り付けることができます。メタルグリッド作業の12インチメインランナーは2人の作業が必要です。フレームは、コンクリート壁に取り付けられたストリップの固定具です。ファーリングストリップをコンクリートに取り付けることは難しいことではありません。下の簡単なステップバイステップガイドに従って、あなたは自分自身でコンクリートの上にファーリングストリップを取り付けることができます。このプロジェクトを完了するために必要なツールとステップバイステップのガイドを以下に示します。

(これは2部シリーズの第2部です。第1部に戻るには、ここをクリックしてください)。

タイルが6インチ未満になるようにタイルレイアウトを計画します。

始めるには、ファーリングストリップをコンクリートの場所に置き、取り付けたい場所に置きます。

ハンマードリルをドリルモードで使用すると、最初にファーリングストリップに突き刺さる。次に、スクリューをコンクリートに浸透させるためにハンマーモードに切り替えます。あなたはコンクリートファスナーそのものの浸透よりも約4分の1ほど深く壁に浸透したいと思うでしょう。あなたはコンクリートの壁に約1/2インチの深さを入れようとしています。これは、スクリューまたはファスナーを使用してコンクリートの壁に1インチおよび4分の1の深さで進んでいることを前提としています。

穴をあけた状態で、掃除機を使用して穴にゴミやほこりがないことを確認します。これにより、コンクリートと締結具との間に確実な結合が確保される。

次に、コンクリートの締結具を2×4のコンクリート壁に取り付けます。ファーリングストリップとコンクリート壁に穴を開けた穴にネジを差し込みます。ソケットレンチを使用してネジを締めますが、締めすぎないように注意してください。締めすぎると、コンクリートの穴が剥がれます。ファーリングストリップに追加の穴をあける前に、ファーリングストリップが完全に垂直であることを確認するためにレベルを使用してください。そうであれば、次の一連の穴を開けて、ファーリングストリップをコンクリート壁に固定することができます。各ファーリングストリップの長さに沿って2フィートごとにコンクリートファスナーを取り付けます。

ステップ6 – 仕上げ

乾いた壁や他の壁の覆いがある場合は、今度はそれを飾り帯に取り付けることができます。