石積みの壁に屋根の点滅を付ける方法

ステップ1 – 石積みをきれいにする

ステップ2 – 点滅をカットフィットに合わせる

ステップ3 – 石積み壁

ステップ4 – スプレッドルーフセメント

ステップ5 – 埋め込み点滅

ステップ6 – 2つの部分を結合する

ステップ7 – フラッシングキャップを取り付ける

石造りの壁があり、それに屋根を付けたいものを作るときは、レンガの上に点滅をインストールする必要があります。また、煙突の近くで屋根を密閉する場合には、石積みに点滅をインストールする必要があります。これは、漏れが形成される場所がたくさんあるため、特に重要な領域です。ルーフフラッシュを石造りの壁または煙突に設置するには、漏水防止シールを確実にするために具体的な指示に従う必要があります。ここにあなた自身を点滅させるこの屋根をインストールするためのステップバイステップの指示があります。

石積みの壁に石鹸と水をよくすすいでください。スポンジで上に乗せて石鹸をすすいでください。巨大な掃除をする必要はありません。あなたは、樹液、埃、およびレンガ上に蓄積する他のもののようなものを取り除きたいだけです。

メタルを点滅させる場所に応じて、その特定のエリアに合わせてカットする必要があります。金属そのものの測定値をマークし、スズメソで切り取ってください。このステップには、太い手袋と長袖を使用してください。点滅のエッジは非常に鋭いことがあります。

良い石積シーラーを使用し、金属屋根を点滅させる場所に広げてください。レンガにシーラーを塗るには、通常のペイントブラシを使用します。このシーラーは、粘着剤がモルタルにはるかによく付着するのを助けます。シーラントが硬くなるのを待ってから、次のステップに進みます。

シーラントが乾燥して硬いコーティングが施されたら、屋根のセメントをその領域に広げることができます。それが隙間や気泡なしに全領域を覆っていることを確認してください。この屋根セメントにはスムーススプレッダーを使用してください。非常に粘着性があり、あなたが見ていない場合は、その場所のいたるところで終わることがありますので、慎重に作業してください。

屋根のセメントにあなたの点滅を置き、石積みにそれを押してください。気泡や膨れがないことを確認してください。いくつかの点滅を少し張ったままにしておきます。

一緒に点滅する2つの部分を結合する必要がある場合は、屋根のセメントを彼らが満たす縫い目に広げることによってこれを行うことができます。セメントよりも広いセメントを広げて水密シールを作ります。

あなたの石造りや屋根の構造を水からよりよく保護するには、点滅するキャップを取り付けてください。この小さな金属片が縫い目を覆い、水が流れ落ちる道を作ります。カール銃で石積みのモルタルを広げます。キャップをモルタルに押し込み、指で指先を動かしてシールします。モルタルに隙間がなく、縁に沿って一定のビードがあることを確認します。