右のドアの汚れを選択する方法

ウッドステインの選択

透明なステイン

外装汚れ

あなたのニーズ

あなたの家の外のドアのための右のドアの汚れを選択することは時々挑戦することができます。そこから選択する色と種類が非常に多くありますので、どちらを選択するのか分かりにくい場合があります。

外装材のドアを汚すことは、それを仕上げる最も一般的で一般的な方法です。絵画はオプションでもありますが、染色は通常ははるかに一般的です。あなたのドアのための右の汚れを選択するときに考慮する必要がある多くの異なるものがあります。

ペイントは木の表面に座り、乾燥してドアの上に強い層を形成する。汚れは異なります。汚れは木に吸収されて汚れの色を取ります。ステインは、木材をより魅力的に見せるために特定の色を与えるだけです。染色後に、木材を損傷から保護するためにワニスまたはラッカーを使用する必要があります。

汚れから穀物を見ることができるようにするには、透明または半透明の木目を選択する必要があります。これらは非常に一般的であり、それらがスズに透明であると言うでしょう。穀物を隠したい場合は、より厚い不透明なステインを使用することができます。これは、塗料のように少し上のほうが優れています。

あなたは木を汚した後に別の方法で木を塗装したり保護したりする必要がありますが、あなたは外側の木製の汚れを使用することはできません。内部の汚れは日光の下でかなり変色します。外観の色は、色が太陽光の結果として変化しないことを意味する耐変色である。

あなたは屋外に水をベースにした汚れを使用することを避ける必要がありますが、これはとにかく今は見つけるのが非常に難しく、使いにくいです。これらはまた乾燥に長時間を要し、実際には適切に乾燥させるのに最大12時間かかることがあります。

アルコールベースの汚れは、さまざまな色の広い範囲で利用可能であり、これらはまた、より速く乾燥する。アルコールベースの汚れは10分で乾燥し、ブラシを使用して塗布する必要がなく、木材にスプレーすることができます。

高品質の木材を使用している場合は、通常、穀物が見えるようにするために汚れを使用したいと考えています。しかし、あなたが低品質の木材を使用している場合は、より多くの穀物を隠し、それを隠すために不透明な汚れを使用することができます。使用している木の種類に適した適切なタイプの染色を選択する必要があります。

あなたがあなたのドアで使用する染色のタイプは、通常、あなたが達成しようとしている仕上げに依存します。多くの人が明るいか暗い色の染みを好み、これは完全に個人的な好みに完全に下がっています。あなたの正面玄関で使用したいと思うタイプの染みを考える。