壁に手すりをつける方法

ステップ1 – ルーズレールを取り外す

ステップ2 – 測定

ステップ3 – 友達を参加させる

ステップ4 – かっこを再取り付けする

ステップ5 – 手すりを再取り付けする

ステップ6 – クリーンアップ

適切に手すりをつけておくと、階段を上ったり下ったりしながら安全を確保できます。時間が経つにつれて、階段の手すりはゆるくなり、ゆっくりとしかし確実に壁から離れるようになります。壁に手すりを取り付ける作業は、友人の助けを借りて完了することができます。階段の手すりを修理して再取り付けするには、以下の手順に従ってください。

手すりをすでに持っていても弱くなっている場合は、スクリュードライバまたはパワードリルを使用して、手すりと壁面から取り付けネジとブラケットを取り外します。ブラケットをはずしたら、手すりを取り外して、ネジとブラケットを脇に置きます。新しい手すりを取り付ける場合は、これを行う必要はありません。

壁の長さを測定して、手すりをどれくらい長くしたいかを決定します。手すりが長すぎる場合は、を使用してそれをカットする必要があります。

手すりを測定した後、手すりを壁まで持ち上げるように友人に依頼してください。友人が手すりを持っている間、ブラケットが行く必要がある領域をマークします。

ブラケットを所定の位置にドリルして、ブラケットを前の穴にねじ込まないように注意してください。時間が経つと、穴が大きくなり、ブラケットが緩んでしまう可能性があります。

ブラケットが取り付けられたら、パワードリルを使用して手すりに取り付けます。

トリッピングの危険を避けるために、ステップから残骸を掃除してください。