プレハブの木のガレージを組み立てる方法

プレハブの木製ガレージを作ることは、最初から工事をするよりはるかに簡単ですが、それはまだ数日間かかるでしょうし、DIYの基本的なスキルが必要です。あなたが必要とするのは、基本的なツールとモジュラービルディングキットだけです。しかし、最初に行う必要のある準備があり、特別な道具や器具が必要なため、これらの準備はしばしば仕事の最も複雑な部分です。

ステップ1 – 準備をする

ガレージ自体を組み立てることは、主にパッケージに付属の説明書に従うことです。ほとんどの場合、これはかなり自明ですが、複雑な部分は必要な準備をしています。まず、財団のために指定されたエリアが必要です。基礎は、理想的には、注ぎ込まれたコンクリートから作られるべきである。長く続く土台を作るためには、地面を6インチほど深く掘り下げてください。

プレハブ木製ガレージの寸法に従って、正確なサイズに基礎を掘り出してください。この領域は、周辺全体の低木製の壁を使用して一時的に囲みます。コンクリートを注ぐ必要があります。コンクリートパウラーを使用してコンクリートを注ぐ必要があります。これは、一般的に業者が専門の機器や材料を必要とするために行うべき仕事です。コンクリートがセットされたら、ガレージの組み立てを開始し、それを所定の位置に設置することができます。

ステップ2 – ガレージの構築

ガレージ自体を構築することは、あなたが持っている特定のプレハブに完全に依存します。まず最初に行うことは、仕事に必要な設備と材料がすべて揃っていることを確認することです。キットに足りないものがないことを確認してください。すべてがあれば、キットに付属の説明書に従うことができます。このプロセスにはまだ数日かかることがありますが、指示に注意深く従い、細部に細心の注意を払うと、それほど難しいことはありません。ナットとボルトを含むすべての接続をキットに含める必要があります。キットの説明に従うと、より良い結果を得るためにできることがいくつかあります。

ステップ3 – 仕上げのタッチ

あなたのガレージにしたいいくつかの仕上げのタッチがあります。電源を追加する場合は、電気技師に連絡して作業を依頼する必要があります。また、天候から構造を保護するためにガレージの表面を処理することも重要です。あなたが好むタイプの木の汚れを使用し、これですべての表面を覆う。クレオソートやペイントもオプションです。余分な保護のためには、2枚のコートを塗る必要があります。最後に、ガレージを使用する準備ができている必要があります。プレハブガレージの最大の利点の1つは、家を解体できるように移動すると、それを持って行くことができるということです。