屋上風力タービンの構築方法

ステップ1 – ロータリーブレードの構築

ステップ2 – ハブの構築

ステップ3 – タービンマウント

ステップ4 – タービンへのブレードの取り付け

ステップ5 – 充電コントローラ

ステップ6 – 屋上風力タービンのセットアップ

屋上の風力タービンキットは販売されていますが、独自の建物はかなり簡単で安価です。このようなタービンは、環境にやさしく、エネルギーを節約すると考えられています。以下の簡単な手順に従って、自宅に電力を供給するために独自の屋上風力タービンを建設します。

ブレードの長さはあなたによって異なりますが、使用するパイプの直径はパイプの長さの5分の1でなければならないことを忘れないでください;例えば50cmの長さで作業する場合、パイプの直径は10 cm。ブレードは、基本的に、ブレードの形状のパイプを切断することによって作られる。 PVCの1つの長さはあなたに4つのブレードを与えます。

PVCパイプの長さを2等分にカットします。円周を得るためにパイプの周りに紙をしっかりと包み、次に紙の長さを半分にするように折りたたみます。これを使ってパイプに線を引いて、1本のパイプの4分の3を与えます。それらを切り取り、対角線を描き、各ブレードの基部にブレードを成形することによって、2インチの長方形を残してシステムの残りの部分に取り付ける。完了すると、ブレードは平坦な端を持つ円錐のように見え、片側には拡張された長方形があります。エッジをサンドします。

アルミディスクを歯付きプーリーの上に置き、2つを取り付けます。ブレードをアルミディスクにボルトで固定します。歯付プーリーは回転モーターにはめ込まれます。

タービンマウントを構成するには、長方形の長さの木材を使用します。風の影響からタービンを保護するために、一端にホースクランプを使用してPVCパイプを取り付けます。もう一方の端には、木片の長さの少なくとも1/4のスクラップアルミニウム片を取り付けます。これは、タービンのための尾部と口の両方として役立つ。

モーターはPVCパイプに滑り込み、ブレードをモーターに取り付けます。モーターからのワイヤーをテールに穿孔された穴に通します。これらのワイヤは充電コントローラにつながる。ファンの頭と尾の重量をバランスさせるために、尾の後ろに重さを加えます。次に、ユニット全体をアンテナホルダーに取り付けます。

コントローラーをタービンに取り付けると、コントローラーからバッテリーを充電するバッテリーに電線を通して充電が送られ、エネルギーの損失を防止します。適切な電気設備は、最寄りの電気店で緑色のセクションにありますので、指示を注意深く読み、すべてのユニットを組み立ててください。

すべての場所に設置し、主電源にバッテリケーブルを接続します。最高の効率を得るには、風力タービンを屋根の中央に配置するのではなく、屋根の端に設置します。最後に、アンテナホルダーを所定の位置にねじ込みます。