最初から木の小屋を作る方法

ステップ1 – 規則に従って自分自身を教育する

ステップ2 – 場所を選択する

ステップ3 – 区画計画を選択する

ステップ4 – 材料を集める

ステップ5 – ステップバイステップの散布図に従う

ステップ6 – 仕上げのタッチ

あなたの個人的な木製の杼口を最初から構築することは、屋外のアイテムの保管や保護、または作業スペースの作成のための優れたソリューションですが、最初から構築することは、事前に製作されたキットで構築することとは大きく異なります。このため、このプロジェクトには小屋計画が不可欠であり、良い仕事をする人は推測作業を多く取り除くことができ、アマチュアDIYersが持つ恐れがあります。

計画を立てる前に、最初に行うことは、保管庫を建設するためのゾーニング許可を取得する必要があるかどうかを判断することです。ほとんどの州では、保管スペースが120平方フィート以上の場合は建築許可証が必要です。建設のアイデアを確定する前に、地元のゾーニング規則と地元の建築検査官に確認してください。

今では、あなたのストレージスペースに最適な場所を選択する必要があります。あなたの小屋は、完全に平らな場所に建てられ、作業スペースやガレージに簡単にアクセスできるように配置する必要があります。パイプや地下ケーブルの上にカスタムストレージを設置することは避けなければなりません。パイプや地下ケーブルのコストが高くなるためです。

今では、お客様のニーズに合った適切なシェッドプランを選択してから、カスタムシェッドを構築するために必要な資料を購入する必要があります。機器を収容するために必要な部屋の大きさを見積もり、自分のために新しい作業スペースを作成したり、将来のプロジェクトを作成したりするには、どのくらいの部屋を見積もってください。そこにあなたが使用できる多くのDIY家屋計画があります。

良い倉庫の計画を選択することは、まったくのものと同じくらい重大であり、残念ながらそれらのすべてが構築プロセスを可能な限り無痛にするわけではありません。

良い計画の中で最初に探すのは、すべてのあなたの杼口の角度と詳細のビューを提供するかどうかです。あなたが構築しているときにすべてがどのように見えるかを知ることは重要です;いくつかのステップは視覚的助けに役立つかもしれません。寸法図は、完璧な計画に含まれる可能性のある素晴らしい視覚的援助です。

それは次の重要なポイントをもたらします。あなたの小屋計画のすべてのステップは、可能な限り明確かつ簡潔でなければなりません。このプロジェクトでは、アマチュアビルダーのスキルを超える必要はありませんが、指示が従うのが容易でないと簡単には難しくなります。

あなたの材料リストはまた、明確で正確なものでなければなりません。必要なものだけでなく、個々の個別の測定値も含まれていなければなりません。建築プロセスを合理化するために一度にすべての資料を収集できることが重要です。最初から完全で正確なリストがなければ、これは不可能です。各項目には、プロジェクトでどのようなものが使用されるかも記述されていなければなりません。この少しの明確化は、断片を組み立てる時が来たら、すべての違いを生み出すことができます。

今すぐあなたが選択した計画に基づいて必要なすべての資料を集める時間です。あなたがあなたの計画を保留にする必要がないように、あなたが始める前に必要なものがすべてあることを確認してください。

前にも述べたように、具体的な計画には完全なリストが必要ですが、目の保護具や作業手袋などの保護具を持っていなければなりません。

これで、カスタムストレージを一から構築することができます。基礎から始まり、手紙の計画に従います。あなたが正しいものを選んだ場合、フレーム、壁、屋根、ドアを組み立てることはすごいです。あなたの屋根を気にして、気候や天候にかかわるすべての仕事を失う可能性のある漏れや穴がないことを確認してください。

シェッドを塗ったり、シーラントを使って仕上げる。